FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曽野綾子

曽野綾子氏が郵政役員に | 『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu
曽野綾子氏が郵政役員に 日本郵政の取締役に、作家の曽野綾子氏が就任する方向となったことが明らかになった。 2009/10/26 12:31 【共同通信】 ................................................................................ アンチ・郵政民営化 ...
経済ニュースゼミ :曽野綾子氏が日本郵政の取締役? - livedoor Blog ...
曽野綾子氏が日本郵政の取締役? お昼のニュースを見ていたら、何と曽野綾子氏が日本郵政の取締役になると報じられていました。 曽野綾子氏‥、ご存知ですよね。えっ、ご存じない? そういう人もいるかもしれません。それは彼女が、1931年9月生まれの78歳 ...
櫻井よしこと小林よしのりの「エイズ報道」は間違いだらけだった ...
最近は「沖縄集団自決裁判」問題で、 曽野綾子や小林よしのり、及び保守論壇の守旧派・渡部昇一、秦郁彦……等を徹底批判。 文壇・論壇に蔓延する予定調和的言説の脱構築的解体を目指すー。というわけで、山崎行太郎の思想・表現活動の拠点たる「ブログ」 ...
曽野綾子「神話」をめぐる話題 | 1954年7月 社会面記事
曽野綾子氏は1971年、「ある神話の背景」を雑誌に発表し、渡嘉敷島の集団自決は「軍の強制」ではないという結論を打ち出しました。が、その根拠は疑問に満ちたものです。
「アラブの格言」 曽野綾子より - キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
キネオラマとはシネマのこと 映画・本・音楽・お笑いネタ コメント・TBは承認制 コメント入力時の数字は半角でプリーズ.
【在庫登録】「曽野綾子」著の書籍が3件登録されました。
「曽野綾子」著の書籍が3件登録されました。
曽野綾子「貧困の僻地」を読んで
さて、この前、曽野綾子氏の「貧困の僻地」という本を読みました。これは「新潮45」に掲載された氏のエッセイをまとめたものです。氏は保守的な発言が多い人で有名ですが、その本を読むと小説家らしい特殊な捕らえ方で人間を捉えていることと、徹底した ...
食べても食べても減らない菜っ葉/曽野綾子
曽野綾子が日本財団から引退してから、もう3年も経った。本当に人生はあっという間だと思う。彼女は何歳になるのか、1931年生まれなので、もう78歳...
2009.10.11-付・北國新聞「曽野綾子氏のコラム 裁判員裁判」を読んでの ...
(少し前になりますが)2009.10.11-付・北國新聞「曽野綾子氏のコラム 裁判員裁判」を読んでの感想です。 「餅は餅屋」という表現で、専門的なことは専門家にまかせるべき、という趣旨でした。 直接的には、前検事総長の但木敬一氏による産経新聞の記事 ...
曽野 綾子 作家 - 強引マイウェイの人生 - 楽天ブログ(Blog)
曽野 綾子 作家. ... 曽野 綾子 作家. Last updated 2009.10.14 09:48:58 コメント(0) | トラックバック(0) | コメントを書く. この記事のトラックバックURL: http://tb.plaza.rakuten.co.jp/kinotakeyuki/diary/200910140002/3a570/ ...
曽野 綾子 - 関心空間
かまとと追放 曽野綾子のファンページ 論説爽やか、いや痛烈。親指シフター 指でしゃべるように入力 ホームポジションで文章を綴る 理想のキーボード(配列) 写真は1950年聖心女子学院高等科入学時.
本と歩み本に学ぶ 向日葵の読書ブログ 『善人は、なぜまわりの人を不幸 ...
『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』 曽野綾子. ■本の内容・特徴「善人」のもたらす悪害について。 善意とは、「あなたらしい」ということである。「正しい」ことばかりではないその行為なのだから。 その人なりに、誠実に物事に対峙すること。 ...
あぐりの庵 曽野綾子、田名部昭『ギリシアの神々』
曽野綾子、田名部昭『ギリシアの神々』. タイトル儘。文庫で頁数もそれほどなので、勿論網羅するものでなく、選抜・手入れされたギリシャ神話を語るもの。ギリシャ神話に篤い(?)人なら読む必要は少ないかもしれないが、元々知らないことを前提と置いて ...
『晩年の美学を求めて』曽野綾子 - あれこれ随想記
見たこと、聞いたこと、読んだこと、あれこれと想いのままに.
贈られた眼の記録曽野綾子著-明日は明日の風が吹く
日本財団の前会長曽野綾子先生の本を、偶然、実家で見つけた。 こんな風に年齢を重ねたいなぁと思わされる元気な“おばちゃん”(失礼。)という感じの方だったのだけど、彼女がさらりと語っていた来し方行く末は、眼の手術直後の彼女自身の言葉で本の中で ...
My Life 実家で見つけた曽野綾子の本
曽野綾子は、好きな作家で、何冊か読んできたので、ひょっとしたら私が買ったのかもだが、読んだ記憶がなかった(忘れているだけかもだが・・・)。 黄ばんだ書面に、今と違い、小さい文字がぎっしり。 定価も280円。30年くらい前に買ったようだった ...
「中年以後」曽野綾子 光文社文庫
その成熟の中身について、ぼんやりととらえていたことを、今回取り上げる曽野綾子の「中年以後」と次回に取り上げる予定の「晩年の美学を求めて」では、作家の炯眼が鋭く、そして暖かく描き出している。 「中年以後が人生だ。(略)心の奥底まで踏み込ん ...
佐野眞一本追及の最後
私が、佐野眞一『沖縄 誰にも書かれたくなかった戦後史』の奄美関連部分の記述に対し、しつこく追求を続ける理由は、佐野が書いている以下の部分に沖縄人として、並々でない怒りを覚えるからである。 「すさまじい奄美差別」、 ...
本読む馬鹿: 「貧困の光景」 曽野綾子 新潮文庫
本を読了したら記録します。読了できなくっても記録します。
曽野綾子「神話」をめぐる話題 | 誇張された奄美差別2
曽野綾子氏は36年前、「ある神話の背景」を刊行し、渡嘉敷島の集団自決は「軍の強制」ではないという結論を打ち出しました。が、その根拠は疑問に満ちたものです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

Secre

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。